※まかせて○○は、(有)ペーパーシャワーズの登録商標です。(特許庁 登録第4623103号)

■昔と変わったこと■

私の小さいころ(40~50年前)、裕福そうな友人の家へ行くと、欧米から輸入されていた食材を使った西洋風の料理がで てきました。珍しい食材、料理をまえに豊かさとは、こういうものだと思うようになりました。なぜか、地元の食材は古めか しいもののように卑下するようになっていました。それが、現在では、逆転してしまいました。 スーパーには、中国産をはじめとする海外産の食材であふれており、低価格で庶民の食卓に乗るようになりました。加工 食品や冷凍食品なども海外からの輸入品ばかりです。それとともに、輸入品や 低価格商品に不安を感じる人も多くなり、多少高くても国産や低農薬のオーガ ニック食材にこだわる人も多くなりました。 つまり、海外輸入品よりも国産の方をうらやましく思う時代になりました。


■マスクもワクチンも小麦粉も・・■

スマホの SNS で海外の人と簡単につながり、Amazon(アマゾン)で海外の製品を簡単に購入できることが幸せなことと思 ってきましたが、私の年代ではそれほど利用実績はありません。ご近所や近隣市町村のお店で事足ります。 ニュースや最新情報ぐらいは、グローバルの情報を大量に受け入れたほうがいいなぁと思っていましたが、フェイク情報 が多くなってくると、何を信用したらよいのか迷ってしまいます。昔は電話にでたら、まず自分の名前を名乗りなさいと、教 わりましたが、今ではオレオレ詐欺の影響で、むやみに電話で名乗ってはだめという時代になってしまいました。メール や SNS で届くメッセージも気をつけろ!という時代です。銀行名やクレジットカード会社名や大手宅配便名でくる情報も疑 わなければならなくなってしまいました。 それなら、人と人が会うことによってもたらされるリアル情報や、信頼のできる一部 の地元メディアで十分かなとも思ってしまいます。


■グローバルから、ローカルへの回帰が鮮明になってきた■
スマホの SNS で海外の人と簡単につながり、Amazon(アマゾン)で海外の製品を簡単に購入できることが幸せなことと思 ってきましたが、私の年代ではそれほど利用実績はありません。ご近所や近隣市町村のお店で事足ります。 ニュースや最新情報ぐらいは、グローバルの情報を大量に受け入れたほうがいいなぁと思っていましたが、フェイク情報 が多くなってくると、何を信用したらよいのか迷ってしまいます。昔は電話にでたら、まず自分の名前を名乗りなさいと、教 わりましたが、今ではオレオレ詐欺の影響で、むやみに電話で名乗ってはだめという時代になってしまいました。メール や SNS で届くメッセージも気をつけろ!という時代です。銀行名やクレジットカード会社名や大手宅配便名でくる情報も疑 わなければならなくなってしまいました。 それなら、人と人が会うことによってもたらされるリアル情報や、信頼のできる一部 の地元メディアで十分かなとも思ってしまいます。

■ショップ ロカリー(SHOP LOCALY)■
私が20代に働いていた会社では、米国ロサンゼルス帰りの社長のもと、地域情報誌を発行していました。その会社では、「ショップ ロカリー(Shop Locary)」という言葉で、近所で買い物をしましょう!という キャンペーンをよく行っていました。数十年たって急にその言葉を思い出して、かなり先進的な考えをもっていたんだなぁ と、感心してしまいました。

■ポスティングの時代がやってきた■
ちょっと強引ですが、ポスティングの時代がやってきたような気がしてきました。 ポスティングするお客様(会社)の心理を想像してみましょう。数ケ月前から、いつどこでどんな催しを行うかや 住民に知らせたいことを検討します。→チラシに入れる内容やデザインを検討します。→お客様と当社営業マンが 配布エリア、配布料金の見積もりをだして契約を結びます。→同時にお客様はチラシデザインを決定し、枚数を決 めて印刷会社にチラシ印刷を発注します。→出来上がったチラシをまかせての事務所に持ち込みます。→まかせて 側では、手配師さんが配布エリアにもとづき配布員を手配します。→内職作業者がチラシをエリアごとに数えて縛 ります。→配送員が配布員さんの自宅へ配送します。(またはまかせて事務所に取りに来ます)→配布員さんが、 指定エリアの各家庭のポストへチラシを入れていきます。→配布員さんの仕事が終了したら、終了報告を会社へ入 れます。→まかせての営業マンが終了報告をまとめてお客様へ報告します。。

■手間ひまかかることに価値がある時代に■
どうです?手間ひまがかかっていますね。これだけの工程があると、フェイク情報が入り 込む余地がなくなります。ポスティング用のチラシは、ウソはない=信用できるというこ とです。思い付きで発信できる情報ではありませんし、急な変更・訂正も無理です。紙の チラシは保存することができます。必要なエリアに必要なチラシの枚数のみ配ることがで きるので、地域の小さな商圏のお客様に向いています。

■四季を感じながら配布をお願いします。■

新緑の季節を迎えています。毎年なぜこの季節に、木々は緑の芽を伸ばし、花や草が一斉に伸びてくるのだろう。 長野県や山梨県の住民の皆さんは、家のまわりで花を育てたり、野菜を作っている人を多く見かけます。このよう に四季を感じながら、地元地域に溶け込むことができるポスティングという超ローカルなお仕事を皆さんには、誇 りをもって行ってもらいたいと思います。よろしく、お願いします。 。


2022年55月23日現在 (有)ペーパー・シャワーズ 代表取締役 村松昭文