※まかせて○○は、(有)ペーパーシャワーズの登録商標です。(特許庁 登録第4623103号)

■本年もよろしくお願いします■

2021年が始まりました。ちょうど日本で初めてのコロナ患者が発生してから、1年が経ちましたが、日本では第三波が襲ってきており、1都3県+のちに7府県に現在非常事態宣言が出されています。当社の関係する長野県、山梨県、沖縄県、福島県も今後はどうなるかわからない状況です。これほどの長期戦になるとは、思っていませんでした。そのような中でも、ワクチンの開発と接種準備が着々と進んでおり、日本でも2月から優先順位を設けて徐々にワクチン接種が始まるとニュースになっていました。


■あなたは ワクチン打つ派、打たない派■

ところが、皆さんが待ち焦がれていたワクチンが接種できるというのに、日本ではあまりいい話が聞こえてきません。いわく、「副反応が怖い」「信頼性が低い」「医者も打ちたくないと思っている」など衝撃的な文言で、週刊誌の広告やSNSなどで広がっています。大手マスコミもこのような風潮を煽っていると、医療現場で働く人や医学関係者などから大反発を買っています。
私も、最近会う人会う人に、「あなただったら、ワクチンを打ちますか?あなたは打つ派?打たない派?」と雑談で聞くようにしていますが、今のところ半々という感じです。マスコミやSNSの情報の影響は、思ったより大きいと感じています。


■エコー チャンバーとフィルターバブル■

SNSを利用していると、自分と似た興味関心をもつユーザーをたくさんフォローし、結果的に同じようなニュースや情報ばかりが流通する閉じた情報環境になりがちです。意見をSNSで発信すると、自分とそっくりな意見ばかりが返ってくるこのような状況を「エコーチェンバー」といいます。もともとは音楽録音用の残響室のことです。エコーチャンバーの中にいると、自分とは違う考え方や価値観の違う人達と交流する機会を失ってしまうので、自分とは異なる視点からの意見やデマを訂正するような情報も入ってこなくなります。
また、ネット上の検索エンジンやSNSを通した利用履歴で個人情報を学習したアルゴリズムによって、その人にとって興味関心がありそうな情報ばかりがやってくる情報環境のことを「フィルターバブル」といいます。アマゾンで。


■グローバルからローカルへの見直し■
エコーチャンバーもフィルターバブルも、意見の対立や社会の分断を産みやすい環境を作り出します。昨年のアメリカ大統領選の混迷もその表われです。私たちは、携帯電話やネットやSNSで、グローバルに世界中の人々とつながることは良いことだと思ってきました。しかし、それほどつながっても良いことはないことが最近分かってきました。そこに、昨年から新型コロナにより、自らの行動範囲を狭めることが日常化してきました。そのおかげで、ローカルでもやっていけることを実感しつつあります。影響が大きい飲食店や宿泊業も、近隣のお客様で経営が成り立つように業態を変えているところが、多くなりました。

■ポスティング業は究極のローカル産業だ■
さて、2回目の緊急事態宣言の出ている地域のポスティング会社の方に聞いてみると、いずれも通常営業ができているということでした。配布員さんにも、お客様にも1回目ほどの動揺や影響がなくなってきたということです。これは、自粛慣れというよりも、新型コロナウィルスの特性などがだんだんと分かってきて、未知のものに対する恐怖ではなくなったことが大きいと思います。感染された方へのあからさまな誹謗・中傷なども減ってきたような気がします。人は、正しい情報を選別できるようになると、落ち着いて行動でき、他人の行動にも寛容になれることがわかりました。ワクチンの接種の判断にも、正しい情報を選別できる環境になるといいなと思います。

■意識調査 と メールボックスデザインコンテスト投票 のお礼 ■■

当社の恒例行事として、メールボックスデザインコンテストがあります。8月~9月の配布中に見つけたメールボックスを応募してもらい、当社社員が取材をしてきました。これをまとめて2021年のカレンダーにしたものを今回のまかせて通信と一緒に送ります。皆さんの家のどこかに貼っておいてもらえれば幸いです。
カレンダーではありますが、コンテストを兼ねており、この中から規定の賞にふさわしいものを投票してもらいます。また、その際に配布員意識調査アンケートにもご協力をお願いします。投票とアンケートがひとセットになっていますので、1月12日までに各まかせての事務所までご提出をお願いします。
投票結果は、来年のまかせて通信3月号あたりで発表いたします。また、アンケートの集計結果のいくつかはまかせてを通信でも発表しますが、あくまで統計的に作業し、個人情報はオープンになりませんので、ご安心ください。個別の質問事項などでお応えしなければならない件のみ、各事務所からお応えしていきます。
配布員意識調査アンケートは、その名のとおり、配布員さんの意識の変化を調べる大事なものです。普段思っていてもなかなか会社に言えなかったことなどを、積極的にお伝えいただければと思います。
私も極力すべてのアンケートに目を通す予定です。


■川柳コンテスト応募のお礼■

また、多数の応募をいただいた第6回ポスティング川柳コンテストは、日本ポスティング協同組合の主催になりましたが、1月末には、ホームページで入選30句が発表される予定です。こちらも、コロナ禍での配布員さんの心情が表れている入選作が多いと思います。2月17日(水)にYou Tubeで二次選考状況が実況ライブ配信されます。入選30句から、大賞などが決定されます。楽しみですね。(詳しくは、日本ポスティング協同組合のホームページやYouTubeチャンネルをチェックしてください)



■新しい時代の予感■

アメリカでは、第46代大統領としてジョー・バイデン氏(78歳)が就任しました。副大統領には、女性、黒人、アジア系として米史上初のカマラ・ハリス氏(56歳)が就任しました。就任式では、レディー・ガガが力強く国歌斉唱し、カリフォルニアからやって来た22歳の女性詩人が、堂々と詩を朗読したことにも、なにか新しい時代が訪れる予感がします。人々の対立や分断を煽ってきたエコーチャンバーやフィルターバブルも、なにか法的な規制が敷かれて解消されるかもしれません。行き過ぎた事象には、適正に戻すことができるのが人間の知恵だと思います。皆さんと一緒に新しい時代を見守っていきましょう。



2021年1月25日現在 (有)ペーパー・シャワーズ 代表取締役 村松昭文